赤ちゃんは便秘になりやすい|こまめに水分補給を行なうことが大事

赤ちゃん

月齢別の排便の変化

女性

赤ちゃんは成長の段階でうんちも出るペースが変化するため、便秘と心配してしまう場合があります。いつもと変わらず元気で食欲があれば、毎日うんちが出なくても、その子のペースと判断できます。ですが便秘になってしまったら、水分や食事の内容を見直し、また運動やマッサージも有効です。

もっと見る

乳児の排便を促す方法

赤ん坊

マッサージが効果的

赤ちゃんは成長によって食事の内容が変わってくるため、便秘になるケースが多くなります。そのため注意して見守る事が大切です。排便が3日以上でない場合には、便秘になっている確率が高いため、対策をして排便を促してあげる事が重要です。乳児期の赤ちゃんの便秘は、体内の組織が発達する影響や、授乳の回数が減る事が原因になっています。そういった場合には赤ちゃんのお腹をマッサージする事によって、腸に刺激を与えて便秘を解消する事ができます。赤ちゃんのお腹を、手のひらで優しくなでるように円を描きながらマッサージする事で、便秘解消の効果があります。また赤ちゃんの肛門の上をマッサージで刺激する事でも、排便を促す事ができるため、乳児期の赤ちゃんが便秘の時はマッサージを行う事が肝心です。

水分補給が大切

離乳食が始まると赤ちゃんは食事の内容が変わるため、腸の中に便が溜まるように体が変化します。そのため乳児期に比べると排便の回数が減って、便秘になったと勘違いする事が多いです。離乳食が始まると母乳やミルクなどの水分が少なくなる事によって、便秘になるケースが少なくないです。そのため離乳食が始まった赤ちゃんには、水分補給をして便秘の対策を行う事が効果的です。離乳食の始まった赤ちゃんは、腸内の細菌に変化が現れるため、ヨーグルトなどの乳酸菌を摂取する事が好ましいです。ヨーグルトに多く含まれる乳酸菌は、腸内の環境を整える効果が高いため、排便をスムーズに行う事ができ役立ちます。固形物を食べ始めると、赤ちゃんは便秘の起こりやすい時期になるため、食物繊維の豊富な食事を心掛ける事が肝要です。

ミルクと水分量に注意する

ベビー用品

赤ちゃんの便秘の理由は、ミルクが合わないことと水分不足なのが原因として考えられます。ですから、ミルクをオリゴ糖が含まれているものに変えたり、水分補給をしっかり行ったりすることが必要です。またお腹をマッサージしてあげると、便が出やすくなり便秘が解消されることもあります。

もっと見る

快便にする環境をつくる

ベイビー

赤ちゃんが便秘になるのは、成長過程で体が徐々に変化しその影響を受けているからです。水分は出来るだけ多めにとるようにして、日々お腹や腰回りのマッサージを心がけるなど腸の働きを助けてあげることが大事になります。

もっと見る