赤ちゃんは便秘になりやすい|こまめに水分補給を行なうことが大事

赤ちゃん

月齢別の排便の変化

女性

うんちの出るペース

赤ちゃんは成長するにしたがって、うんちの状態やペースも変わってきます。食欲もあり元気でうんちの出方が良ければ、一日置きなどの排便であっても、赤ちゃんによってペースがあるので、問題はありません。ですが数日以上たってもうんちが出なかったり、食欲がない、機嫌が悪くやたらとむずがるなどの場合、便秘で苦しいのかもしれません。便秘の場合その他の特徴として、お腹が張っていたり、飲んだミルクをよく戻してしまうといったこともあります。またうんちに血が混じっていたら、病気の可能性もあるので、お医者さんにすぐに相談した方がいいです。うんちの出るペースは食事の変化とともに変化します。また腸の発達にも影響を受けるので、便秘と心配してしまうこともあるかもしれませんが、成長の過程で起きる変化の1つでもあります。

原因と対策

赤ちゃんが成長とともに食事が変化してくると腸内環境も変化し、大人と同じように水分不足や食物繊維の不足によって便秘になってしまいます。そういった場合、水分をよく補ったり、乳酸菌の入った食品を取り入れるなどして、便秘の解消に努めます。水分が不足してうんちが固くなってしまうまと、赤ちゃん自身もうんちをすることが苦手になってしまい、それが便秘をまた引き起こしてしまうことがあるので、水分不足には十分きをつけなければなりません。また赤ちゃんも体をよく動かすことで、お腹が空き食欲が出てうんちもスムーズに出るという体のリズムが出来てきます。食べる量が少ないとうんちもあんまりでなくなってしまいます。まだ新生児など月齢の低い赤ちゃんはお腹のマッサージが有効です。