赤ちゃんは便秘になりやすい|こまめに水分補給を行なうことが大事

赤ちゃん

快便にする環境をつくる

ベイビー

マッサージも取り入れる

赤ちゃんは、生まれてすぐは母乳で栄養補給をしますが体が成長するとともに母乳から徐々に離乳食へと移り最終的には大人と同じような食生活になります。食事の変化などが原因で赤ちゃんが便秘になることは、比較的多いと言われています。母乳の代わりのミルクでさえも、最初は体が慣れるまで消化不良を起こすことがあると言われています。数日排便がない場合や食欲がない、お腹が膨らんでいるなどの症状がみられる場合は便秘である可能性が高いです。マッサージを行うことで、排便を促すことが出来るのでお腹周りや腰回りなどを少しずつ優しくマッサージすることも効果的であると言われています。また、同時に食事や水分の管理も大切になります。

水分を多めにとる

赤ちゃんの便秘の改善には、水分を多めにとることが大切です。赤ちゃんは成長するにつれて体のあらゆる機能が発達していきます。その影響で、水分調節がアンバランスになって一時的に便秘になることもあります。日頃から水分補給をしっかりと心がけるようにして、赤ちゃん用の飲料水や腸の働きを助ける乳酸菌入りの飲み物を飲ませるようにします。赤ちゃんは体温が高く、汗をかきやすいので夏場など暑くなる時期は特に水分不足にならないように気を付けます。水分を多めにとるようにしてマッサージを心がければ、多くの場合は便秘が解消されると言われています。3日から4日以上排便がない場合は便秘なので、日々便の状態も確認することが大切です。