赤ちゃんは便秘になりやすい|こまめに水分補給を行なうことが大事

赤ちゃん

ミルクと水分量に注意する

ベビー用品

ミルクや水分不足が原因

乳児期でも離乳食時期でも赤ちゃんは便秘になることがあるため注意が必要です。乳児期の赤ちゃんが便秘になるのはミルクや腸の成長によるものが多いです。ミルクは母乳と異なり消化に時間がかかってしまうこともまれにあるため、気を付けてあげることが大切です。離乳食が始まると乳児期と違いうんちの回数が減るのが特徴です。母乳やミルクなどで体に入れていた水分量よりもぐんと減ってしまうため、便秘になりやすくなってしまいます。そのため水分が多く含まれるフルーツや、お水やお茶などといった水分をきちんと摂ることにより便秘を防ぐことができます。また、大人と同じで赤ちゃんでもヨーグルトなどで腸内をきれいにし、便秘を解消することも可能です。

原因を突き止めて解消する

赤ちゃんが便秘になった時に知っておくとよい情報があります。まず、ミルクが合わないことか水分不足が一番最初に原因として考えられます。ですからミルクではなく母乳にしてあげるか、母乳の出が悪いときはミルクを便秘に効くオリゴ糖が含まれているものに変えてあげると、解消しやすくなっています。また水分不足の場合はしっかりと水分を摂らせてあげることが大切です。ぬるめのお水や白湯、麦茶などといったものも効果があるので少しずつ飲ませてあげることが必要です。また、腸が成長するにつれて便秘になる場合は、お腹のマッサージをしてあげるのが良いです。痛くないようにゆっくりとのの字にお腹を撫でてあげると、便が出やすくなるのでおすすめです。